ペーパーレス化

紙媒体で情報を保管している企業も少なくありません。しかし、紛失などによって外部に情報が漏れてしまう可能性もあるので、オンラインストレージやレンタルサーバーなどを使って保管しておくのもオススメできます。

ISO27001を取得するための手順

社内の情報調査

ISO27001の取得を行なう場合には、まず社内にある情報を確認する必要があります。情報の重要度や管理する際の優先度をしっかりと把握してからどのような対策を講じるのかをISO27001のルールにそって考える必要があります。

具体的な対策案を立てる

情報を把握することが出来れば、次にどのような対策を立てるかを考えます。対策案を考える際には規格にそって考える必要があり、より具体的にしっかりとした対策案を立てるほうが運用に役立っていきます。

マニュアルにそった運用

対策案をマニュアル化することもISO27001の取得に欠かせません。しかし、それ以上にマニュアル通りに運用出来ているかが重要になり、ISO27001の効果を一番に発揮するためには必要なことと言えるのです。

適正かどうかの審査

マニュアル化で運用を始めた場合には、定期的に審査を行ないます。審査は一次と二次に分かれて行なわれますが、審査機関に任せるか審査部門を発足して行なうかは自由なのでその点も考慮しておきましょう。

ISO27001のマニュアルを徹底して情報漏洩防止

インク

情報漏洩を防ぐ方法

情報漏洩には様々な原因があります。管理不足で起こりうる情報漏洩としては、印字した文字が薄れてしまい重要な書類か判別できずに処理してしまうことによって漏れるケースもあります。この場合は、はっきりと印字が出来るコニカミノルタのトナーを利用するか、レンタルサーバーやオンラインストレージサービスを利用して紙媒体を無くすといった方法で対策を立てることが可能になります。また電子化を行なう場合にはデータロストのリスクも考え、事前にデータ復元サービス業者を探しておくのもいいでしょう。

規格の導入

ISO27001という国際規格があります。この規格では情報の管理、運用を適切にするためのマネジメントシステムを構築する目的があります。国際規格でもあるISO27001を導入、または取得することによって情報管理の質が向上しますし、マニュアル化することによって情報の重要性を社員が認知することが出来るようになるでしょう。社員一人一人の意識が高まることによって、企業全体のセキュリティが上がり情報漏洩なども問題が無くなっていくのでしょう。

広告募集中