レンタルサーバーの特徴とメリットを紹介!

管理を任せる

レンタルサーバーは自社で管理する必要がありません。そのためメンテナンスに人員を割く必要もないので、コスト削減になります。場所の確保も必要ないのでメリットとしては大きなものと言えますね。

レンタルサーバーの種類紹介

共有サーバー

共有サーバーとは、一つのサーバーを複数で共有して使うサーバーのことを指します。共有して使うことによって速度や容量は減ってしまいますが、利用する際の料金が安いという特徴を持っています。

専用サーバー

専用サーバーは言葉通り、一つのサーバーを契約主だけで利用することが出来るサーバーです。自由度も高く、性能面も優れているので質の高いホームページ作成などを行ないたい場合にはうってつけでしょう。

仮想専用サーバー

仮想専用サーバーは別名VPSと呼ばれています。このサーバーは共有サーバーと専用サーバーの組み合わせのようなシステムになっているため、費用をかけずに質を上げたいという場合にオススメできます。

クラウドサーバー

クラウドサーバーは最近生まれたサーバーになっています。用途に合わせてカスタマイズすることが出来るので、柔軟に運用したいと考える方向けのサーバーと言えるでしょう。

レンタルサーバーの特徴とメリットを紹介!

ネットワーク

レンタルサーバーの役割

レンタルサーバーでは様々なことが出来ます。特にホームページ作成やサイト作成においてはレンタルサーバーが役立つでしょう。しかし、こうした特徴以外にもいくつかのメリットがレンタルサーバーには存在しているのです。

大切なデータを管理

業務に必要なデータは数多くあります。それぞれ会社のルールにそって保管をしていますが、レンタルサーバーを利用してデータを管理している企業が最近増えてきました。データ保管量の大きさや管理のしやすさといった部分が利用増加の背景になっているようです。

管理者設定

レンタルサーバーでは管理者を設定できます。管理者が設定したルールや制限によって不要なアクセスを防ぐことができ、セキュリティを上げることが出来るのです。また、ファイルごとに管理したり、会社用のホームページ製作に利用したりすることも可能になっているのです。

広告募集中